こんなときに乗ってみたい!屋形船の利用方法3選

自分にとって特別な日のご褒美

屋形船に対して多くの人が持つイメージは川の流れにのって美しい景色を愛でながらおいしい食事を食べる場所というものです。なんとなく特別な気分に浸ることができる贅沢な時間を過ごせることから、屋形船に乗るのなら自分にとって特別な日のご褒美として乗りたいと思うのが常でしょう。近しい人たちと集まって宴会をする場としてとても贅沢な気分になれる場であることから、屋形船を利用することで落ち着いた気分でその特別な日を祝うことができるに違いありません。

国外からの来訪者が来たときの観光

仕事かプライベートかにかかわらず、国外から訪ねてきた人に観光を楽しませてあげるためには日本の伝統的な文化を見せるのがよい方法です。寺院や神社、お城や温泉といったものがその典型的なものであり、食事には日本料理の料亭や居酒屋をと考えてしまうのが基本的なものでしょう。しかし、こういった場でこそ屋形船を利用するのが最高のプレゼントとなります。自然を愛でる日本の伝統と古くからある屋形船、おいしい日本料理の組み合わせは海外では体験することが不可能なものだからです。

ちょっとした観光旅行での楽しみ

屋形船というと高級感がありますが、現在では多くの河川において屋形船によるクルージングが盛んに行われるようになってきています。そのため、観光旅行のちょっとした遊びと食事を兼ねて屋形船によるクルージングを楽しむこともできるようになりました。初めての際には躊躇してしまうかもしれませんが、景色の良い観光地だからこそできる贅沢として屋形船クルージングを選び始めるとそれが当然のように楽しめるようになってくるでしょう。

屋形船は、遡ること平安時代。貴族の遊びとして使われていたのだそうです。風を感じ、緩やかな水面に身をゆだねれば、日々の疲れなど忘れて優雅な気分に浸れるかもしれません。