知らなかった!!機械式時計の魅力に迫る。

機械式時計には2つの種類がある

機械式時計を持っている方はいらっしゃいますか?機械式時計は手入れが必要となりますので何かと扱いが大変だったりしますが、持っていれば注目を浴びる事間違いなしのアイテムなんです。機械式時計は香箱のゼンマイの動力で針が動いています。種類は2種類存在していて、自分でゼンマイを巻く「手巻き」タイプと自動でゼンマイが動く「自動巻き」タイプがあります。どちらのタイプも人気が高く、世界中で大勢の人が機械式時計を使っています。

機械式時計とクオーツ式時計

腕時計には機械式時計とクオーツ式時計の2種類が存在しています。機械式時計の誤差は1日に数秒、クオーツ式時計の誤差は1ヶ月に数秒でクォーツ式時計の方が精度が高いと言われています。では何故、現在でも機械式時計の人気が高いのか。それは近年では腕時計をステータスではなく機能に重点を置く時計ファンが多くなってきているからです。例えば機械式時計の老舗メーカーは自社のみで機械式時計の全パーツを製造しています。そういった地道な努力が、多くの時計ファンから愛される秘訣なのかもしれません。

機械式時計は一生使える

機械式時計は電池の交換が必要ありません。電池交換が必要ありませんから、手入れを定期的に行っていれば永久的に利用する事が可能です。手入れさえ怠らなければ自分の子供、さらに孫の世代まで受け継ぐ事が出来るんです。また、機械式時計はデザインが優れたものが多いと言われています。永久的に使用する事が出来、持っているだけで多くの人の興味を引く機械式時計は正に「一生ものの腕時計である」と言えるのではないでしょうか。

1988年、ブシュロンは創業130周年を記念して美術館で大回顧展を行い、初となる香水の発表を行いました。